閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年5月17日 バンクーバー 大北博紀

加:BC州探鉱協会、BC自由党の勝利を歓迎

 BC州鉱業協会(Association of Mineral Exploration British Columbia)は2013年5月15日、前日に実施されたBC州議会選挙で勝利を収め、安定多数(85議席中50議席)で政権与党の座を維持したBC自由党(BC Liberal Party)に対して、歓迎の意を表明した。

 同協会のMichael McPhie会長は「鉱物資源の探査と開発がBC州の好調な経済を牽引していることを正しく認識している州政府とさらに4年間の協業を行えることを楽しみにしている。」と述べた。

 また、Gavin C. Dirom(同協会President&CEO)も次のように述べている。

 「BC自由党は鉱業分野における探査活動や開発活動が輸出主体の州経済の発展や高度技能職の雇用創出にとって重要であることを認識しており、ゆえに、資源分野への公共投資や探査活動における価値を認めている。」

 「資源開発の分野で世界的に成功し、今後とも成功していく責任を負っているBC州としては、資源に恵まれたBC州の土地を探査し、開発することは今も将来も変わらず重要という考えに立っていることを再選された政府と改めて共有していく。」

 「天然資源が生み出す経済は、高収入でやりがいのある何千もの職をBC州民に提供し、また、州の教育や医療サービスの財源となっており、重要な社会的基盤である。」

 「BC州に住むすべてのファミリー、すべてのコミュニティに恩恵が行き渡るように、我々は資源分野の開発を引き続き強化していく。」

ページトップへ