閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年5月22日 シドニー 伊藤浩

豪:連邦政府・資源エネルギー経済局、資源・エネルギー分野の投資額等を発表(その3)

 連邦政府・資源エネルギー経済局(BREE)は2013年5月22日に発表した定例報告書「Resources and Energy Major Projects April 2013」において、今後の資源・エネルギー分野の投資プロジェクト見通しを発表。BREEによるLikely Scenario(実現見込みの高いシナリオ)では、民間企業による最終投資判断後のプロジェクト及び建設中プロジェクト(Committed Stage プロジェクト)の総投資額は2012年が2,684億A$でピークとなり、2013年末時点で2,560億A$に減少、2014年は2,480億A$、2015年は1,850億A$となり、2017年には2007年レベルの投資額となる700億A$に減少。2018年には250億A$になると予測されている。一方、BREEのPossible Scenario(起こりえるシナリオ)では、総投資額は2014年に3,100億A$でピークとなり、2017年は1,950億A$に減少。2018年には1,380億A$になると予測されている。

ページトップへ