閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年5月27日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:PT Bintan社、 スマトラ島・リアウ州にアルミナ製錬所の建設計画

 2013年5月21日付け地元報道によれば、インドネシア地元企業PT Bintan Alumina Indonesia社は、年産能力100万~200万t規模のアルミナ製錬所をスマトラ島リアウ州に建設する計画。総投資額は12億US$の計画で、200-300MW規模の発電プラント及び港湾建設も予定され、複数のシンガポール企業が投資に参画するとしているが、今回具体名は明らかにされていない。アルミナ製錬所には、西カリマンタン及びビンタンにある自社鉱山からと他社鉱山から合わせて500~600万tのボーキサイトが供給される予定。

ページトップへ