閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年5月31日 シドニー 伊藤浩

豪:BHP Billiton、石炭鉱山のコスト削減方針を説明

 2013年5月30日付け地元各紙は、29日にBHP Billitonが投資家向けに説明した石炭鉱山に対する同社の今後の方針について報じている。報道によれば、BHP Billitonは今後新たな炭鉱プロジェクトへの投資を行わず、炭鉱の探査費用を削減するとともにコスト削減のため既存の炭鉱資産を売却する方針であることを表明。同社のAndrew Mackenzie’s CEOは炭鉱事業において2013年前期に既に8億US$のコスト削減を行っており、今後もコスト削減を行っていくと表明。同社石炭部門のGideon Oberholzer副社長は、我々はコスト削減のため、Peak Downs炭鉱及び South Walker Creek炭鉱の操業業者を変更し、高コストのNorwich Park 炭鉱と Gregory炭鉱を閉鎖するとともに、Peak Downs炭鉱の生産拡大計画(250万t/年)を遅らせたと説明した。

ページトップへ