閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年6月3日 ロンドン 北野由佳

南ア: Zuma大統領、南ア鉱業の安定性回復のためのアクション・プログラムを発足

 南アのJacob Zuma大統領は2013年5月30日、同国鉱業の安定性を回復させるためのアクション・プログラムを立ち上げ、Kgalema Motlanthe副大統領、Pravin Gordhan財務大臣、Mildred Oliphant労働大臣そしてSusan Shabangu鉱物資源大臣が同プログラムの任務遂行にあたることを発表した。また同国で問題となっているストライキに関しては、全てのストライキは南アの法的枠組みと憲法に従った形で行われるべきであると述べ、違法ストライキに対する断固とした姿勢(zero tolerance)を示した。

 Zuma大統領の発表を受けて、南アChamber of Mines(鉱業協会)のMark Cutifani会長は「鉱業界の規制当局である鉱物資源省のShabangu大臣と他の大臣が共同で行う今回のプログラムは、投資先としてのアフリカに対する投資家の信頼を回復させ、また継続する労使プロセスを導いてくれると確信している。」とコメントした。

ページトップへ