閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年6月24日 メキシコ 縄田俊之

グアテマラ:政府がTambor金プロジェクトの環境影響評価報告書の見直しを約束

 2013年6月13日付け業界紙等によると、グアテマラ政府は、Tambor金プロジェクトを保有する地元企業Exminga社と同プロジェクトに反対するNGO組織との交渉を踏まえ、環境影響評価報告書(EIA)の見直しを約束した旨を明らかにした。

 本交渉は、Otto Perez Molina大統領が同プロジェクトを推進する上で障害となる問題を解決するために企画したものである。今般、本会合を踏まえて、鉱山エネルギー大臣は前政権当時に認可されたEIAの見直しを約束した。

 これに対し、Exminga社幹部は、政府は前政権当時のライセンスを尊重すべきであり、また、15か月間に及ぶ探鉱活動の遅延を強いている同プロジェクトへの反対運動は法令を遵守していない旨コメントしている。

 Exminga社は、2012年9月に加Radius Gold社から米Kappes Gassiday & Associets社に40万US$で売却されている。

ページトップへ