閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年6月24日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:環境検察庁がMinera Frisco社のEl Coronel金・銀鉱山におけるシアン流出事件に対する制裁適用を検討

 2013年6月17日付け業界紙等によると、環境天然資源省(SEMARNAT)環境検察庁(PROFEPA)は、Minera Frisco社(本社:Ciudad de México)がメキシコ・Zacatecas州に保有するEl Coronel金・銀鉱山におけるシアン流出事件に対する制裁適用の検討を開始した。

 PROFEPAによると、同鉱山におけるシアン配管の亀裂により約70 ㎥のシアンが流出し、周辺約1,000 ㎡を汚染したとのことである。シアン流出発覚後、同社はシアン取扱いに関する国際規格に基づき対応したが、PROFEPAは同社の管理不届きに対する制裁適用のレベルを検討することとした。

 なお、メキシコ証券取引所(BMV)レポートによると、現在Frisco社においては同鉱山のほか、San Francisco del Oro多金属鉱山(Chihuahua州)及びMaria銅鉱山(Sonora州)において、2012年度の正規労働者への純益配当金問題等によるストライキが継続されている。

ページトップへ