閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2013年6月24日 シドニー 伊藤浩

豪:Rio Tintoの鉄鉱石生産規模拡張計画と人員削減

 2013年6月20日付け地元紙は、Rio TintoがWA州Pilbara地区における鉄鉱石プロジェクトにおいて、2015年半ばまでに鉄鉱石生産量を現在の2.4億t/年から2.9億t/年とし、鉄鉱石輸出用の港湾及び鉄道の能力を3.6億tとする計画に対し、当該拡張計画には約50億US$の資金が必要となることから、現在、同社が進めているコスト削減状況下において当該拡張計画の実施は疑わしいとの論調で状況を伝えている。一方、地元紙はRio Tintoの鉄鉱石部門の責任者Andrew Hardingが19日にWA州の鉄鉱石部門において、最大50名の管理職の人員整理を行ったことを伝えている。

ページトップへ