閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2013年6月25日 北京 篠田邦彦

中国:鉄鉱石の生産能力は4年間で6.8億t増加、新増資源埋蔵量181.9億t

 安泰科によれば、2012年中国の鉄鉱石生産量は16.8億tに達し、2008年と比べ6.8億t増加した。年平均で1.7億t増加し、年平均成長率は13.85%に達した。そのうち一定規模企業の鉄鉱石生産量は2008年の8.2億tから2012年の13.1億tに引き上がり、年平均1.23億t増加、年平均成長率は12.4%である。新規増加した鉄鉱石資源埋蔵量は181.9億tとなった。

 現在国産の鉄鉱石は、国内の銑鉄原料需要総量の36.2%を占め、世界鉄鉱石製品の生産に占める割合は、2008年の15%から2012年の20%に上昇した。

 2008年から2012年まで、中国は、新規鉄鉱石資源探査事業を展開した。4年間で探査資金に合計152億元を投入し、一連の重大な成果を挙げた。具体的には、鞍本、冀東、魯西、攀西、河南舞陽―新蔡、安徽盧枞、新疆天山などの地域で大規模・超大規模の鉱床を相次いで発見した。

ページトップへ