閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年6月27日 北京 篠田邦彦

モンゴル:Oyu tolgoiの銅精鉱輸出が延期されたことにモンゴル政府は関係せず

 現地メディアによると、2013年6月27日、モンゴル鉱業省が毎月行う定例記者会見が開催され、D.Gankhuyag鉱業大臣はOyu tolgoiプロジェクトの銅精鉱輸出が延期されたことについて、以下のとおり説明を行った。

 Oyu Tolgoi社は、モンゴル政府により輸出は延期されたと発表している。しかし、モンゴル政府ではなく、同社により輸出開始が遅くなったことを公式にお知らせしたい。Oyu Tolgoi社は今まで販売契約を株主総会に紹介していない。販売額は約80億US$である。モンゴル会社法には、高額の交渉を株主総会は承認しなければならないと規定されている。しかし、Oyu Tolgoi社はモンゴル側を代表する3役員に販売契約を紹介していない。

 また、販売収入を免税地域に位置する銀行口座へ振り込むとの立場を表明している。もしも、上記のように販売契約をモンゴル側へ紹介しない場合、モンゴル政府は販売収入をモンゴルの銀行を通さなければならないと考えている。

 輸出事業が遅くなることは双方にとってマイナスであるため、双方の利益を考慮し、輸出事業を開始しなければならない。Oyu Tolgoi社は国際基準を大切にしているが、モンゴルの法律を遵守しなければならないとのモンゴル政府の立場も尊重すべきである。

 また、投資契約の中にも販売、販売収入について詳細な記述が盛り込まれていない。

ページトップへ