閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年7月1日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Minera Frisco社のEl Coronel金・銀鉱山における違法封鎖の解決を大統領へ要請

 2013年6月20日付け業界紙等によると、Minera Frisco社(本社:Ciudad de México)がメキシコ・Zacatecas州に保有するEl Coronel金・銀鉱山において、旧労働組合の一部が行っている同鉱山の違法封鎖問題を解決するため、現労働組合がPeña Nieto大統領へ要請を行った。

 この背景として、同鉱山においては、2013年5月に合法的に労使協定を旧労働組合から現労働組合へと変更し、旧労働組合員を解雇したところ、一部の旧労働組合員が同鉱山入口を違法に封鎖した。このため、同鉱山は、6月初旬から操業の一時停止を強いられている。

 なお、現在同社は、労働法で定められている前年純利益の10%を労働者へ配分するに際し、2012年の1人当たり58,000 MXN(約4,640 US$)から2013年の3,000 MXN(約240 US$)へと分配金を大幅に減額したことにより、Chihuahua州のSan Francisco del Oro多金属鉱山及びSonora州のMaria銅鉱山においてストライキが行われ、操業の一時停止を強いられている。

 El Coronel金・銀鉱山の2012年の金の生産量は5.23 t、銀の生産量は0.6 tであった。

ページトップへ