閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年7月8日 バンクーバー 片山弘行

米:政府機関への支払い情報開示を定めた金融規制改革法に基づく規則に対して、連邦裁判所が無効判決

 金融規制改革法第1504条に定める石油・天然ガス・鉱物資源の開発に関して、企業から政府機関へのロイヤルティなどの金銭支払い情報の開示について、米国証券取引委員会が2012年8月22日に制定した規則に対して、2013年7月2日、コロンビア地区連邦地方裁判所は、証券取引委員会が定めた規則は無効として、証券取引委員会に規則の再考を求める判決を下した。

 本裁判は、規則の無効を求めて、米国石油協会と米国商工会議所が2012年10月11日に証券取引委員会を相手取って起こしたもので、規則が憲法修正第1条(言論の自由)、行政手続法及び1934年証券法に違反していること、さらにコスト分析が不十分であること、金融規制改革法第1504条に定められた情報の「編集」を一般公開と誤解していること、などを指摘していた。

 判決では、コスト分析が不十分であることや条文の誤解について原告の主張を認めている。

 証券委員会からは本判決に関する声明は出されていない。

ページトップへ