閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年7月8日 バンクーバー 片山弘行

米:Curis社、アリゾナ州Florence銅プロジェクトの重要許認可取得

 Curis Resources Ltd.(以下、Curis社)は、2013年7月8日、同社がアリゾナ州に所有するFlorence 銅プロジェクトに関して、アリゾナ州環境質局から最終の修正帯水層保護許可(amended Aquifer Protection Permit)を得たことを発表した。本許可は、24本の坑井からなるFlorence銅原位置回収プロジェクトの第1フェーズにおける設計、操業、閉山に適用される。

 Curis社は、2012年9月28日にFlorence銅プロジェクトの開発に対して帯水層保護許可を受領している。今回の許可は、アリゾナ州の許認可プロセスの一部として、Florenceの町で開催された公聴会や、その後に受領されたコメントが考慮されたものであり、これらのコメントを受けて前回の許可に一部修正を加えて発行されたものである。

 本許可は、Florence銅プロジェクトの操業に向けて必要となる2つの主要な許認可のうちの1つであり、残る許認可としては連邦環境保護庁による地下注入管理許可(Underground Injection Control permit)が必要とされる。

 Florence銅プロジェクトは、24本の坑井により銅を原位置回収し、SX-EWにて銅カソードを生産する予定である。

ページトップへ