閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年7月8日 バンクーバー 室井エリサ

加:Cameco社、Port Hopeウラン転換施設労働者、労働協約に合意

 Cameco Corporation(本社:加サスカチェワン州サスカトゥーン市)は、2013年7月5日、オンタリオ州にあるPort Hopeウラン転換施設の組合労働者が労働協約に合意したことを発表した。

 鉄鋼労働組合員約250名が合意した協約内容は、6%の昇給を含む3年契約で、事前の契約は2013年6月30日で切れていた

 Port Hope転換施設はカナダで唯一のウラン転換施設で、六フッ化ウラン(UF6)を生産し、Candu原子炉の燃料となる天然二酸化ウラン(UO2)の商業サプライヤーとして知られる。従業員総数は経営スタッフを含め約370名。

ページトップへ