閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年7月8日 モスクワ 木原栄治

キルギス:キルギス経済省、戦略分野に鉱物資源21鉱区の追加を提案

 2013年6月28日付け地元報道によると、キルギス経済省は、キルギスの戦略分野に、鉱物資源として21鉱区を加える必要があると提案しており、その内容をHPに掲載している。現在、次の鉱区を戦略分野に追加することが提案されている。

 ・ 金(6鉱区)

Kumtor(約416 t)、Jelooy(約96 t)、Taldybulak-Levoberezhny(約89 t)、Kuru-Tegerek(22 t)、Altyn-Jilga(約40 t)、Bozymchak(金22 t、銅147 t、銀139 t)

 ・ 非鉄金属・レアメタル(6鉱区)

KutesayⅡ(レアアース5万1,500 t)、Kalesay(ベリリウム1万1,700 t)、Trudovoe(錫14万7,600 t、タングステン9万5,200 t)、Uchkoshkon(錫6万600 t、銅1万6,500 t、ビスマス949 t)、Kensu(タングステン2万9,500 t)、Jetym(鉄鉱石333万6,000 t、鉄130万2,000 t(訳注:政府HPによると、鉄鉱石33億6600万t、鉄13億270万t)。

 ・ 霞石閃長岩(2鉱区)

Sandyk(アルミナ14万7,000 t)、Zardalek(アルミナ1億5,200万t)。

 ・ 石炭(7鉱区)

Tegene(石炭5,850万t)、Kok-Yangak(石炭7,000万t)、Kara-Keche(燃料炭4億3,500万t)、Sulyuktinskoe(燃料炭1億1,380万t)、Kargasha(原料炭1億2,920万t)、Tuyuk(原料炭3,090万t)、Kok-Kiya(原料炭1億1,420万t)。

 現在のところ、戦略分野として、企業、史跡、国家機関・マスコミの建物、軍事施設、在外公館等の67分野がリストアップされている

ページトップへ