閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト
2013年7月8日 ロンドン 小嶋吉広

DRコンゴ: コバルト精鉱に係る輸出税引き上げの可能性

 2013年7月5日付けメディア報道によれば、DRコンゴ政府はコバルト精鉱に係る輸出税引き上げを検討している模様である。現状はトン当たり60 US$であるが、120 US$となる可能性もあるとのこと。輸出税引き上げが、8月より実施される予定の精鉱輸出禁止措置に代替するものであるかは不明であるが、現在上昇基調にあるコバルト価格に影響を及ぼすものとして市場関係者は注視している。

ページトップへ