閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年7月8日 北京 篠田邦彦

中国:長発集団長江投資実業株式有限公司、銅・金鉱山開発に4,800万元を投資

 安泰科によれば、長発集団長江投資実業株式有限公司(以下、長江投資)は、上海連合財産権取引所を通じて協定取引方式にて4,800万元以内の金額で蕪湖市徳隆鉱業有限責任公司が保有する皖域鉱業の60%の株式を買収する予定。買収後に、長江投資は、銅・金鉱山を開発することになる。

 公告によると、皖域鉱業は牛頭山銅鉱山と和尚橋銅金鉱山2か所の採掘権、和尚橋銅金鉱山1か所の探査権を所有している。皖域鉱業傘下の鉱山は建設段階にあり、今回の取引完了後6か月以内に生産を開始する。その後3か月以内に銅生産能力を徐々に15万t/年に引き上げていく。

 長江投資の予想によると、今回の取引完了後1年以内に、皖域鉱業は順調に生産目標を達成し、中規模銅鉱山企業の基準に近づくか、到達する。

 徳隆鉱業は、皖域鉱業の2014年から2016年の純利益がそれぞれ1,200万元、1,600万元、1,600万元以上に達することを保証し、不足分については、徳隆鉱業が、現金で長江投資に補償する。同時に、徳隆鉱業が保有する皖域鉱業40%の株式を長江投資公司の抵当にする。

ページトップへ