閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2013年7月9日 シドニー 栗原政臣

ニューカレドニア:Koniamboニッケルプラントは今後2年かけてフル生産の6万tへ

 2013年7月3日、ニューカレドニアで開かれていたNew Caledonia Nickel会議において、Koniambo Nickel SAS(権益比率Société Minière du Sud Pacifique 51%、Glencore Xstrata 49%)のPresidentであるPeter Hancock氏は、2013年4月に最初のフェロニッケルを生産したKoniamboプロジェクトについて、今後2年かけて徐々に生産量を増加し2015年には年産6万tのフル操業レベルに達する計画と述べた。現在第1生産ラインをコミッショニング中で、第2生産ラインは2014年Q1から生産を開始する予定。Koniamboプロジェクトは2007年のXstrataによるプロジェクト承認から6年、50億US$をかけて建設されており、資源量6,250万t(品位:Ni 2.45%サプロライト)が計上され、Hancock氏は25年間の生産が可能なサプロライトの他、追加25年分のサプロライト資源、さらに50年分のラテライト資源賦存の可能性があると述べた。

ページトップへ