閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2013年7月9日 シドニー 伊藤浩

豪:WA州Pilbara地区のQ4(2013年4月~6月)の鉄鉱石生産量は降雨等の影響で減少

 2013年7月9日付け地元紙は、WA州Pilbara地区におけるQ4の鉄鉱石生産量が低調であったことを伝えている。地元紙はその要因として、同地区におけるRio Tintoの鉄鉱石生産量が季節外れの降雨とCape Lambert港における3週間に及ぶベルトコンベア故障であったと報じている。地元アナリストは同社のPilbara地区におけるQ4の鉄鉱石生産量をQ3(2013年1月~3月)比12%増となる6,100万tと予測していたが、地元紙の報道によれば生産量は当該予測値を下回る見通し。一方、降雨の影響はFortescue Metals Groupの同地区における鉄鉱石生産量にも及んでおり、地元紙は同社が2012/2013年度(2012年7月~2013年6月)の鉄鉱石生産量を当初見通しから200万t少ない8,000~8,200万tになると発表したことを伝えている。

ページトップへ