閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年7月15日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:CODELCO、請負労働者の暴動でMinistro Halesプロジェクトの建設を一時中断

 CODELCOは2013年7月15日付けプレスリリースで、請負労働者の暴動のため、建設中のMinistro Halesプロジェクト(チリ第Ⅱ州)の建設作業を中断したと発表した。Ministro Halesプロジェクト請負労働者約300名による暴動が発生し、CODELCOは労働者の安全と同社の資産を守るため作業を中断することを決定した。請負労働者による抗議運動は、現在締結されている合意を上回る経済的要求が原因だという。CODELCOは不可抗力条項発動を宣言し、5,000名の労働者・人員及び資産保護のため建設作業を停止し、全請負労働者の動員解除をせざるを得ない状況となった。

 Ministro Halesプロジェクトは2013年12月の商業生産開始が決まっており、銅の生産量は183,000 t/年が予定されている。

ページトップへ