閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年7月19日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:BHP Billiton、Cerro Colorado鉱山操業継続プロジェクトの環境影響評価手続きに着手

 2013年7月18日、BHP BillitonはCerro Colorado鉱山(チリ第Ⅰ州)の操業継続プロジェクト(Proyecto Continuidad Operacional)の環境影響評価手続きを開始した。同プロジェクトは、現在の鉱石処理工程及び生産レベルを維持しながら、Cerro Colorado鉱山のマインライフを2023年まで延命することを目的としており、投資額は4億6,720万US$。オープンピットの拡大・深化や廃石堆積場の拡張などが行われる計画である。なお、このプロジェクトが実施されても、同鉱山の鉱業用水の使用量は変わらないという。

 Cerro Colorado鉱山は、Spence鉱山(チリ第Ⅱ州)とともにBHP BillitonのPampa Norteディビジョンに所属する。2012年の銅生産量は7.3万tである。

ページトップへ