閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年7月19日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:Pascua Lama金-銀プロジェクト、上訴裁判所からの新たな一時停止命令

 メディア報道によると、Copiapó上訴裁判所は、チリ・アルゼンチン国境でPascua Lama金-銀プロジェクトを手がけるMinera Nevada(加Barrick Goldの子会社)に対する差し止め請求を認め、同プロジェクトの一時中断を承認した。差し止め請求は、水の汚染及び氷河損傷への懸念から先住民族Diaguita族のグループによって行われたもの。上訴裁判所はPascua Lamaプロジェクトの環境認可で要求されている事項を満足するまで中断を続けるよう命じた。環境認可の要求には、水汚染を防ぐための緩和作業や近傍3氷河の常設モニタリングがある。

 別の報道では、先住民族側は上訴裁判所の裁定を不服としており、上告する可能性が高いと報じられた。先住民族側は、環境影響調査(EIA)のやり直しを望んでいる。

ページトップへ