閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2013年7月23日 シドニー 栗原政臣

豪:BHP Billiton、2012/2013年度生産実績を発表、WAIO鉄鉱石生産量は13年連続で過去最高を記録

 2013年7月17日、BHP Billitonは同社ウェブサイトにて2012/2013年度(2012年7月~2013年6月)生産実績を発表。WA州Pilbara地方におけるWestern Australia Iron Ore(WAIO)の鉄鉱石生産量は1.87億t(権益率100%換算、2011/2012年度は1.74億t)と13年連続で過去最高を記録したと報告した。2013年12月四半期(2013年10月~12月)にはJimblebar鉱山の生産開始が計画されており、WAIOの2013/2014年度生産量は2.07億t(同100%換算)まで増加すると予想している。その他のコモディティについては、以下の通り。

・ 銅:2012/2013年度生産量は前年度比10%増の1.2百万t。Escondida(チリ)の2012/2013年度生産量は鉱石品位上昇及び選鉱能率向上のため前年度比28%増の1.1百万t(同100%換算)。

・ 原料炭:2012/2013年度生産量は前年度比13%増の38百万t。QLD州における6月四半期(2013年4月~6月)生産量は前年同期比54%増加した。これは年間生産量では61百万t(100%換算)に相当する。

・ 一般炭:2012/2013年度生産量は前年度比3%増の73百万t。

・ 鉛:2012/2013年度生産量は前年度比11%減の21.4万t。Cannington鉱山(QLD州)の操業悪化が影響。

・ 亜鉛:2012/2013年度生産量は前年度比14%増の12.8万t。Antamina鉱山(ペルー)の拡張及び亜鉛高品位ゾーンの採掘が寄与。

・ ウラン:2012/2013年度生産量は前年度比6%増の4千t。Olympic Dam鉱山(SA州)における実収率の改善が寄与。

・ アルミナ:2012/2013年度生産量は前年度比18%増の4.9百万t。Worsley精錬所(WA州)のランプアップが寄与。

・ アルミニウム:2012/2013年度生産量は前年度比2%増の1.2百万t。

・ マンガン鉱石:2012/2013年度生産量は前年度比7%増の8.5百万t。GEMCO(NT準州)のプラント稼働率の改善が寄与。

・ マンガン合金:2012/2013年度生産量は前年度比1%増の61万t。前年度一時操業を停止し今年度再開したTEMCO(TAS州)の増産分はMetalloys(南アフリカ)の操業停止分に相殺された。

・ ニッケル:2012/2013年度生産量は前年度比2%減の15.4万t。Cerro Matoso(コロンビア)での生産量増加はNickel WestのKalgoorlie製錬所及びKwinana精錬所(ともにWA州)の計画的保守により相殺された。

ページトップへ