閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト タングステン ニッケル マンガン
2013年7月25日 北京 篠田邦彦

カメルーン:江西希有希少金属タングステン業集団有限公司、GEOVIC社とNkamounaニッケル・コバルト・マンガン鉱山開発協力協定を締結

 安泰科によれば、江西希有希少金属タングステン業集団有限公司は、米国GEOVIC社とカメルーンNkamounaニッケル・コバルト・マンガンプロジェクトの協力開発に関して合意に達し、関連協力協定を締結した。

 カメルーンGEOVIC株式有限会社が同開発プロジェクトを実施し、米国GEOVIC社が同社の60.5%の株式を保有し、カメルーン国家投資会社(SNI社)が残り39.5%の権益を保有している。

 協定に基づき、江西タングステン集団は、米国GEOVIC社が保有している株式を買収し、かつカメルーンGEOVIC株式有限会社とNkamounaニッケル・コバルト・マンガン鉱山から産出されるコバルト及びニッケルについて長期供給契約を締結する予定。

 Nkamounaニッケル・コバルト・マンガン鉱山はカメルーン東部に位置し、鉱区面積は1,250㎢で、現時点での確定埋蔵量は6,800万t、品位はニッケル0.66%、コバルト0.26%、マンガン1.48%である。2003年4月11日にカメルーン政府は、カメルーンGEOVIC株式有限会社にNkamounaニッケル・コバルト・マンガンの採掘許可証を交付し、有効期間を25年間としている。しかし調査によると、同鉱山は現在未だ開発されていない。

ページトップへ