閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年7月26日 バンクーバー 片山弘行

米:Great Western社、イットリアサプライチェーン評価報告書を国防総省に提出

 Great Western Minerals Group Ltd.(以下、Great Western社)は、2013年7月25日、高純度酸化イットリウム(イットリア)のサプライチェーン評価報告書を国防総省に提出したことを発表した。

 主要国防産業との協業により、2011年から2015年までに国防分野で必要となる高純度イットリアは、以前の国防総省による評価よりも年間40~50 t多く必要となり、サプライチェーンにはレアアース鉱石の処理工程にギャップがあることが判明したとしている。

  需要シナリオ(単位t)
国防総省の以前の評価 126 168 168
今回の評価 166 218 238

想定される緩和措置 国外依存量
(t)
依存度
(%)
シナリオ1:国内でのイットリウム生産及び処理 154-211 78-89
シナリオ2:国内でのイットリウム生産・処理、国外委託製錬によるリサイクル 99-156 50-66
シナリオ3:国内でのイットリウム生産・処理、中国以外でのイットリウム生産と国外委託製錬 79-136 40-57
シナリオ4:国内でのイットリウム生産・処理、リサイクル及び中国以外でのイットリウム生産と国外委託製錬 24-81 12-34
ページトップへ