閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年7月26日 バンクーバー 片山弘行

加:Wet’suwet’enファーストネーション、Huckleberry鉱山と契約締結

 加・BC州の先住民であるWet’suwet’enファーストネーションは、2013年7月24日、Huckleberry鉱山とwin-win関係となるコミュニティ投資契約を締結したことを発表した。また、同ファーストネーションの居留地であるFelix George第7号インディアン居留地を横切る送電線及び林道の使用に関しても解決したと発表している。

 5名のWet’suwet’enファーストネーションのメンバーが、現在、鉱山にて高賃金の職を得ており、Wet’suwet’enファーストネーションの経済開発組織であるYinka Dene Economic Development Limited Partnership(以下、YLP)が鉱山での請負業務の入札参加機会を得たとしている。YLPの経営最高責任者であるReg Ogen氏は本契約締結を受けて、「これらの新たな雇用とビジネス機会は、特に製材所での爆発及び火災事故のあとでは、我々のような小さなコミュニティにとっては大きな違いである。」と述べている。

ページトップへ