閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年7月26日 バンクーバー 室井エリサ

加:Energy Fuels社とKEPCO、加ウラン企業買収に関する支援協定を締結

 Energy Fuels Inc(加ON州トロント)は、2013年7月25日、Strathmore Minerals Corp(加BC州バンクーバー)の買収に関し、韓国の最大電力会社Korea Electric Power Corporation (以下KEPCO)と支援協定を締結したと発表した。同社は2013年6月11日に、企業合併の一手法であるplan of arrangement形式にてStrathmore社の株式を購入する包括契約をStrathmore社と締結しており、株主の合意を得るため、8月13日と20日にそれぞれ特別株主総会を開く予定である。

 KEPCOはEnergy Fuels社とStrathmore社の株式をそれぞれ8.5%と11.7%を有する筆頭株主で、KEPCOの系列会社はEnergy Fuels社の最大ウランバイヤーでもある。また、Strathmore社所有のGas Hillsプロジェクト(米ワイオミング州)のJV契約を締結する権利を有する。Gas HillプロジェクトはEnergy Fuels社の所有するSheep Mountainプロジェクトの近郊(45㎞)にあり、両プロジェクトを合併させることで、同地域の開発費用の節約、年間生産量の増量など、将来的な相乗効果が期待される。

 今回の支援協定の締結によりKEPCOは両社の合併に合意することを約束した。

 Strathmore社の買収が成功した場合、KEPCOはEnergy Fuels社の株式9.1%を獲得することになる。

ページトップへ