閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年7月29日 ロンドン 森田健太郎

米:上院の公聴会がLME、銀行及び規制者を酷評

 2013年7月24日付の現地報道によると、米国上院の銀行・住宅・都市問題委員会小委員会の公聴会において、ブラウン上院議員が、LMEのルールを「深遠で分かりにくい」と表現し、「LMEのメンバーシップは彼らの都合の良いようにルールを設定し既得権益を維持するための効果的な共同組織だ」と発言した。同議員は「米国銀行が倉庫を保有していることは米国の銀行システムを危険にさらしているかもしれない」「米国銀行は売買・在庫・流通の知識があるため現物取引において有利だ」等と発言した。公聴会終了後、LMEは「LMEは金属市場の規制者であり、それ自体が英金融管理機構に規制されている。LMEは経済のサイクルを通じて市場全体の利益がバランスするよう市場を監視してきている。」との声明を発表した。

ページトップへ