閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年7月29日 北京 篠田邦彦

中国:紫金鉱業、海外で2013年3件目の鉱業資産買収へ

 安泰科によれば、紫金鉱業は今年度で3度目となる海外鉱業資産買収を行う。紫金鉱業は、3月19日に、カナダで上場しているSprott Inc.及び米州現代資源投資管理集団と共同出資協定を締結し、資金調達規模5億US$の合弁オフショア鉱業ファンドを設立し、主に金、その他貴金属、銅、他の鉱物資源の関連株式や債務に投資する計画。

 紫金鉱業は、同社が豪州で上場している持株子会社であるNorton Gold Fields Limitedが、Kalgoorlie Mining Company Limited(KMCと略称)を買収する事業について豪州外国投資審査委員会(FIRB)からの承認を受けたと7月24日公表した。

 資料によると、KMCは、豪州で登記している一次金鉱業企業で、Kalgoorlie地域にあるBullant金プロジェクトの権益100%を所有し、同プロジェクトはNorton社Paddington選鉱場の西28 kmに位置する。Bullant金プロジェクトは、資源量431,200 oz(金量)、品位3.76 g/t、埋蔵量40,336 oz(金量)、品位4.5 g/tである。

ページトップへ