閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
セリウム ランタン レアアース/希土類
2013年8月9日 北京 篠田邦彦

中国:レアアース産業協会、軽希土の生産指令性計画を次第に拡張し、ランタン・セリウムの輸出割当の取消を提案

 安泰科によれば、2013年8月8日、包頭市で開催された第5回中国包頭レアアース産業フォーラムで、中国レアアース産業協会の馬栄璋秘書長は現在のレアアース産業の現状を説明し、闇の産業サプライチェーンが横行する理由及び業界内に存在する重要な問題について詳しい分析を行い、レアアース産業の健全かつ持続的な発展をいかに促進するかについて、以下の提案及び対策を提出した。

(1) 闇の産業サプライチェーンを徹底的に取り締り、レアメタル管理条例をできるだけ早く公表し、責任主体を明確化し、長期的かつ効果的なメカニズムを構築し、レアアースの生産経営活動をルール化する。

(2) レアアース廃棄物の総合回収プロジェクトに対する整理整頓を行い、地域計画を展開し、地域回収センターを設立し、レアアース廃棄物処理企業の生産経営活動を体系化し、業界の監督管理範囲に組み入れる。

(3) レアアースのバランス利用を強化する。特にランタン、セリウムは環境保護分野、構造材料分野での実用を奨励しなければならない。

(4) 国内外市場の変化及びレアアース埋蔵量の特性に応じて、レアアース産業の発展のために以下のような新たな対策を取らなければならない。

- 軽希土、重希土それぞれの対策を取ること。

- 重希土の輸出を重点的に規制し、軽希土の生産指令性生産計画を段階的に拡大し、適切な関連管理措置を導入すること。

- ランタン・セリウムの輸出割当を段階的に取り消し、ランタン・セリウム等豊富な元素の輸出を奨励し、国際市場を占有すること。

- 適時に資源税を見直し、中国のレアアース産業の国際市場での発言権を強めること。

ページトップへ