閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2013年8月12日 ロンドン 北野由佳

ギニア:ギニア政府、Simandou Block1&2鉄鉱石プロジェクトにおけるBSG Resources社の鉱業権剥奪の可能性

 2013年8月8日付のメディア報道によれば、同国でSimandou Block 1&2鉄鉱石プロジェクトを進めている英BSG Resources社に関し、同社による不正行為の疑惑が立証された場合、ギニア政府が同社の鉱業権を無効にする意向である。ギニア政府は、BSG Resources社が同プロジェクトの探鉱権を取得した際に政府高官やLansana Conte元大統領の夫人に賄賂を渡すといった不正行為があったと主張しており、同社の従業員2名が同国の調査当局によって逮捕・拘束された他、BSG Resources社のエージェントだったとされる人物が米国で拘留されている。ギニア鉱業調査委員会のNava Touré委員長は「ギニアでの審問もしくは米国での司法手続きの結果により贈収賄疑惑が立証された場合、(BSG Resources社による)探鉱権取得手続きが無効となる。」とコメントした。一方、BSG Resources社は、不正行為はなかったとしてギニア政府の主張を否定している。

ページトップへ