閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年8月19日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:加Argonaut Gold Inc、1年以内にSan Antonio金プロジェクトの環境影響評価認可を取得

 2013年8月13日付け業界紙等によると、加Argonaut Gold Inc(本社:米国ネバダ州リノ)は、Baja California州に保有するSan Antonio金プロジェクトの環境影響評価に係る認可を今後1年以内に取得する旨明らかにした。

 同社は、現在本プロジェクトが位置する行政当局と本プロジェクトの進展に向けて交渉を行っていることから、2014年第2四半期までには認可が取得でき、2014年若しくは2015年初頭には操業を開始する見通しである旨明らかにした。

 この背景としては、本プロジェクトにおいて、露天掘による鉱山開発に必要とされる土地の50%が工業用地として登録されていなかったため、2012年8月に環境天然資源省(SEMARNAT)が同社に対する環境評価に係る認可を取り消した経緯を有する。

 なお、同社は本プロジェクトに関し、操業開始初期には年間粗鉱処理量4百万tで、年間の金生産量を2.1 t、その後に同鉱山の拡張を図り、年間粗鉱処理量6百万tで、年間の金生産量を3.1 tと見込んでいる。

ページトップへ