閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年8月19日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ・ニカラグア:メキシコ及びニカラグア国内における新規探査トピックス

 2013年8月13日付け業界紙等は、新規探査に関するトピックスをメキシコについて2件、ニカラグアについて1件、以下のとおり報じた。

 加Cayden Resources社(本社:バンクーバー)は、メキシコGuerrero州に保有するMorelos Sur金プロジェクトにおいて新たな鉱床を発見した旨発表した。同社は、本プロジェクトにおいて13か所のボーリングを行い、その内の2つのセクションにおいて、金品位7.49 g/tを確認した。

 加Red Tiger Mining社(本社:トロント)は、メキシコSonora州に保有するSan Antonio金・銅プロジェクトの中のSapuchi Goldにおける金の資源量に関し、概測で2.2 Mt、品位1.04 g/t、予測で872千t、品位0.86 g/tと発表した。また、同社は、本プロジェクトの中のLus del Cobre及びCalvarioにおける銅の推定鉱量を3.6 Mt、Realito Goldにおける金の精測及び概測資源量を1.74 Mt、品位4.37 g/tと発表した。

 英Condor Gold社(本社:ロンドン)は、ニカラグアに保有するLa India金プロジェクトにおいて、物理探査により金の鉱化作用の可能性が高い断層を確認した旨を発表した。同社は、本プロジェクトの占有地280 ㎢を航空機を使用して分光放射及び磁気による物理探査を実施したところ、金の資源量見込みが74 t、品位4.6 g/tであったと発表した。

ページトップへ