閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年8月19日 モスクワ 木原栄治

キルギス:政府、Kyrgyzaltyn社へBuchuk金鉱区の譲渡を検討

 2013年8月2日付け地元報道によると、キルギス内閣は、中国Zhong Ji Mining Companyが所有するBuchuk金鉱区開発ライセンスを取り消し、キルギス国営企業Kyrgyzaltyn社への当該鉱区の権利を譲渡することを検討している。

 Kyrgyzaltyn取締役のドゥイシェンベク・カムチベコフ氏は、「Kyrgyzaltyn社はSolton-Sary鉱山を開発しており、Altyntor鉱区で作業を行っているが、埋蔵量には限りがある。隣接するBuchuk金鉱区は中国企業に供与されているが、法的問題があるため、現在その決定の見直しとKyrgyzaltyn社への譲渡が提起されている。Buchuk鉱区開発については、Kyrgyzaltyn社と中国企業の2社が申請を出し、法に従えば鉱床は競売により売却されるはずであった。しかし、Kyrgyzaltyn社の申請は検討されず、鉱床は直接交渉により2009年に中国企業に供与された。この決定が法に反するため政府は見直す意向である。」と述べている。

ページトップへ