閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年8月19日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:国営PT ANTAM、Mempawahアルミナ製錬所建設のパートナー募集を具体化

 2013年8月12日付け地元報道によれば、インドネシア国営鉱山企業PT ANTAMは、西カリマンタン州Mempawahで計画しているスメルターグレード・アルミナ製錬所建設プロジェクトのJVパートナー募集を具体的に進める方針。同社Tato Miraza社長によれば、パートナーは2社まで受入可能とし、30~35%のパートナー側権益を想定している模様。現在、中国、ロシア、日本、米国、中東諸国の複数企業が興味を示しているとしている。同社では、Mempawahアルミナ・プロジェクトのFSは既に完了しているとし、建設工事は遅くとも2014年末又は2015年初頭に着手、2017年の操業開始を目指す。PT ANTAMは、政府が進める鉱物資源高付加価値化に対応するため、西カリマンタンTayanでのケミカルグレード・アルミナ・プラント建設、南東スラウェシPomalaaでのフェロ・ニッケル・プラント拡張、北マルク東Halmaheraでのフェロ・ニッケル・プラント建設など、現在複数の精製錬プラント建設を進め、今後の投資額が大きく拡大することから、JV化を進めることにより投資リスクを分散する狙い。

ページトップへ