閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年8月20日 シドニー 栗原政臣

豪:DeGrussa銅・金鉱山、発見4年後で正式開山式を開く

 2013年8月4日、Sandfire resources社(WA州Perth/以下、Sandfire社)は同社のウェブサイトにおいて、Colin Barnett WA州首相等を招き同社が100%所有するDeGrussa銅・金鉱山(WA州Perthの北方約900 km)の正式な開山式を行ったと発表した。DeGrussa鉱山は、2012年10月の生産開始以来、銅70,000 t、金50,000 oz(1.6 t)を生産している。現在の操業は年間鉱石処理量150万tへのランプアップ中で、年間銅65,000 t~75,000 t(精鉱中銅量)及び金35,000 oz~45,000 oz(1.1 t~1.4 t)の生産を目標としている。Sandfire社のKarl Smith社長は、関係者に謝辞を述べると同時に、世界金融危機直後の厳しい状況の中でも探査を継続したことが発見につながったと述べている。

ページトップへ