閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年8月20日 シドニー 栗原政臣

豪:中国鉱山協会、豪州は鉱山建設に中国からの労働力を利用すべきと要請

 2013年8月8日付地元紙によると、中国鉱山協会(China Mining Association)の副会長であるWang Jiahua氏はメルボルン鉱山クラブの昼食会において、「鉱山建設の終了後は豪州労働者が操業を引き継ぐのだから、鉱山建設時には中国からの労働者を許可するべきである。豪州は中国の巨大な人口を最大限に活用すべきだ」と述べた。さらにWang氏は、高い鉄鉱石価格及び複雑な資源税が豪州への投資を減退させていると述べ、中国の鉄鋼メーカーは高い鉄鉱石価格のために損失を計上しており、双方の株式持ち合いによってより公正な価格設定システムが設置されると提案した。

ページトップへ