閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年8月26日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ・ドミニカ:メキシコ及びドミニカ国内における新規探査トピックス

 2013年8月21日付け業界紙等は、新規探査に関するトピックスをメキシコについて2件、ドミニカについて1件、以下のとおり報じた。

 加Orex Minerals Inc.(本社:バンクーバー)は、メキシコDurango州に保有するConeto金・銀プロジェクトにおいて新たな鉱床を発見した旨発表した。本プロジェクトの共同出資者であるFresnillo社が実施した探査により、金品位2.98 g/t及び銀品位287 g/tを確認した。また、Orex Minerals Inc.は、Fresnillo社が新たに3.4百万US$を投資し、本プロジェクトの第2段階へ移行する旨公表した。

 加Torex Gold Resources Inc.(本社:トロント)は、メキシコGuerrero州に保有するMorelos金プロジェクトにおいて新たな鉱床を発見した旨発表した。同社は、本プロジェクトのMedia Luna地区において、金品位5.34 g/tを確認した。なお、同社は今後、Media Luna地区で未だ探査を行っていない地点のほか、Media Luna West及びSantos地区についてもボーリングを行う予定である。

 加Goldquest Mining社(本社:トロント)は、ドミニカに保有するRomero金・銅プロジェクトにおいて新たな鉱床を発見した旨発表した。同社は、本プロジェクトにおいて2か所のボーリングを行い、金品位6.9 g/t、銅品位0.94%を確認した。なお、同社は、本年秋に資源量の見積もりを終えるとともに、本プロジェクトの近くに位置するLa Escandalosa金プロジェクトの資源量を更新する予定である。

ページトップへ