閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年8月26日 メキシコ 縄田俊之

ドミニカ:加Barrick Gold社のPueblo Viejo金・銀鉱山がドミニカのGDPと輸出拡大に貢献

 2013年8月21日付け業界紙等によると、ドミニカ共和国の中央銀行は、加Barrick Gold社(本社:トロント)が同国に保有するPueblo Viejo金・銀鉱山が、同国における2013年上半期のGDP及び輸出を押し上げることに貢献したと報告した。

 同国の2013年上半期における鉱業部門の活動は、前年同期と比べて223%上昇したが、その大部分が本年1月から商業生産を開始したPueblo Viejo金・銀鉱山によるものである。同国における金属の生産量は前年同期と比べて、金が5,817%、銀が646%、フェロニッケルが5.9%それぞれ増加しており、これにより、同国のGDPが1.6%上昇した。

 また、同国の2013年上半期における輸出額は47.8億US$と、前年同期と比べて368百万 US$増加したが、これは、2013年上半期における金の輸出額が563百万US$と、前年同期と比べて552百万US$増加したことが最大の要因である。また、2013年上半期における銀の輸出額も30.7百万US$と、2012年上半期の7.5百万US$から大幅に増加した。

ページトップへ