閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年8月27日 シドニー 栗原政臣

豪:WA州政府、ロイヤルティ料率について検討

 2013年8月19日付地元紙によると、WA州政府は鉱物ロイヤルティ料率分析(Mineral Royalty Rate Analysis)の一環としてWA州のロイヤルティ料率に関する公の検討を開始した。WA州Colin Barnett首相は、「今回の検討は有効性及び妥当性を調査することによって、州のロイヤルティの正当性及び効果性を確認することを目的としている」、と述べている。WA州は2012年に51億A$の鉱物・石油ロイヤルティを得ている。今回の調査によってWA州のロイヤルティが大きく変更されることはない模様。

ページトップへ