閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月2日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:メキシコ国内における新規探査トピックス

2013年8月23日付け業界紙等は、メキシコ国内における新規探査に関するトピックス2件について、以下のとおり報じた。 加Oceanus Resources Corp.(本社:ベッドフォード)は、メキシコDurango州に保有するLa Lajita金プロジェクトにおいて新たな鉱床を発見した旨発表した。同社は、2013年夏の探査プログラムの最終段階において鉱化作用の可能性を確認していたところ、今般、金品位8.53 g/t及び銀品位31.7 g/tの確認に至った。 加Cayden Resources Inc.(本社:バンクーバー)は、メキシコJalisco州に保有するEl Barqueno金プロジェクトにおけるトレンチ調査の結果を発表した。同社は、今回のトレンチ調査により、金品位2.4 g/tから最大44.1 g/tを確認した。なお、今回のトレンチ調査の地点はアステカ遺跡から7 kmに位置しているが、アステカ遺跡周辺の調査についても143箇所のボーリング認可を得ており、準備が整い次第ボーリングを開始する予定である。

ページトップへ