閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月2日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Geokarta-Perm社、ペルミ地方Kynエリアの有望性評価を実施

 2013年8月19日付け地元報道によると、Geokarta-Perm社は、ペルミ地方Kynエリアの地質調査の作業計画をロシア地質審査機関のRosgeolekspertizaウラル地域支部に提出した。Rosgeolekspertizaの承認が取れ次第、作業を開始し、2014年第4四半期に終了する予定である。

 同鉱区の権利については、本年5月にペルミ州地下資源利用局(連邦地下資源利用庁の出先機関)が実施した入札においてGeokarta-Perm社が1,600万ルーブルで取得していた。本プロジェクトにより、Kynエリアの金、白金族金属、ストロンチウム、銅その他鉱物の有望性評価が可能となる予定である。

ページトップへ