閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月2日 モスクワ 木原栄治

カザフスタン:Kazakhmys社、Aktogay及びBozshakolプロジェクトに10億~12億US$投資予定

 2013年8月23日付け地元報道によると、世界的な銅生産業者であるKazakhmys社(本社:アルマトイ市)は、2013年にAktogay及びBozshakolの二つの銅プロジェクトへ10億~12億US$を投資する可能性がある。

 同社は2012年、有望な未開発銅鉱床の一つであるカザフスタン南東部のAktogay鉱床開発を開始し、同年、同国北部のBozshakol斑岩銅鉱床における採鉱選鉱施設の建設も開始している。両プロジェクトへの投資総額は40億US$以上であり、マインライフはAktogayが50年以上、Bozshakolは約40年となる見込みである。

 Kazakhmys社によると、Bozshakolでは2013年前半に主要設備の購入が完了し、インフラ施設の基礎コンクリート工事、鉄骨工事が行われ、現在は大型設備の納入が進められている。Aktogay鉱床では、設備の納入や作業関係者用仮設施設の建設等の準備作業が実施された。

ページトップへ