閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月4日 北京 篠田邦彦

中国:中国工業情報化部、立ち遅れた生産能力淘汰企業リストの第2弾を発表

 安泰科によれば、中国工業情報化部は、2013年の工業における立ち遅れた生産能力淘汰リスト(第2弾)を公表し、国内各地67社の企業がリストアップされた。淘汰プロジェクトは全てローエンドの製紙業界に属している。

 中国工業情報化部は、関連省(自治区・市)に対して、効果的な措置を取り、2013年9月末までに対象となっている企業の立ち遅れた生産能力を停止し、2013年12月末までに完全に撤去するよう指示をした。設備をその他の地域に移転させることも禁止し、さらに立ち遅れた生産能力淘汰企業への現場検査・検収及び目標達成状況の公表作業を実施する。

 中国工業情報化部の苗圩部長によれば、ここ数年、中国政府は、立ち遅れた生産能力の淘汰に力を入れているが、率直に言うと、新規増加する生産能力の成長率は、立ち遅れた生産能力の淘汰率と比べて遥かに高い。そのため、生産過剰の問題を引き起こした。研究を経て、2011年に第12次五ヵ年計画で19の産業の立ち遅れた生産能力の淘汰に関する目標を定めた。

ページトップへ