閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年9月8日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:CODELCO、2013年H1の銅生産量増加も剰余金は前年比28%減

 2013年8月30日付のCODELCOプレスリリースによると、資本参加しているAnglo American Sur社及びEl Abra鉱山の貢献により、2013年H1の銅生産量は前年同期に比べ伸びたものの、剰余金は28.2%減の18億600万US$となった。剰余金減には銅価格下落の影響があるという。2013年H1の平均銅価格は3.420 US$/lb(2012年H1:3.673 US$/lb)、平均モリブデン価格は24.5 US$/kg(同31 US$/kg)と下落している。資本参加している会社からの生産も含めたCODELCOの2013年H1銅生産量は84.3万tで、前年同期に比べ5%増加したが、CODELCO単独で操業する鉱山からの2013年H1銅生産量は75.8万tで同1.1%減となった。

 大幅なコスト削減への取り組みは2013年H1も継続され、2013年H1のC1コストは1.712 US$/lbで2012年H2の1.773 US$/lbから減少、C3コストは2.199 US$/lbと2012年通期の2.417 US$/lbから9%低減された。これには電気、消耗品、サービスコストの低下が寄与している。同社はコスト削減への取り組みとして、コンサルタント契約や外部サービス契約数の削減、硫酸及び爆薬使用量の削減、モリブデン回収率の向上などを実施している。

ページトップへ