閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月9日 モスクワ 木原栄治

カザフスタン:ナザルバエフ大統領、地質調査ライセンス供与手続きの簡素化を求める

 2013年9月3日付け地元報道によると、カザフスタンのナザルバエフ大統領は、鉱床の地質調査ライセンス供与手続きを簡素化し、投機の可能性を排除することが不可欠であると考えている。

 大統領は9月2日、カザフスタン議会第5期招集第3会期の開会演説で、「最優先課題は地下資源、地下資源利用法の改正法の採択である。同改正法により探査ライセンス供与手続きを抜本的に簡素化し、鉱床を無分別に投機対象とする動きを阻止する必要がある。」と述べた。大統領は、鉱床を取得したものの何もせず、投資も行わず、他者にも渡さないという事態に不満を表明し、「本件解決に向けた取り組みを継続しなければならない。投資しない者、開発しない者の鉱床は国家に返還され、他の投資家に与えられるだろう。」と述べている。大統領は、これによりカザフスタンは地質調査に新たな投資を誘致できると見ており、契約締結段階において国家経済の多様化促進という観点から、投資家に対する要件を定めるべきとの見解を示している。

ページトップへ