閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月11日 北京 篠田邦彦

豪:盛和資源、豪州のレアアースプロジェクトに参加する予定

 安泰科によれば、2013年9月11日の盛和資源の発表によると、同社はArafura Resources Ltd社(以下Arafura社 と略称)と既に覚書を締結し、共同出資して豪州にあるレアアースプロジェクト開発に参加する予定。そのほか、盛和資源が資本参加を検討しているレアアース高度加工企業の科百瑞社の件では、依然として財務評価段階にあり、未だ枠組協定を締結していない。

 情報によると、Arafura社は豪州パース市に事務所を構えている鉱物資源企業で、2003年11月5日に豪州証券取引所に上場し、主にレアアース探査、採掘及び関連する化学工業事業を展開している。特に注目すべきは、Arafura社はNolans Bore地域のレアアース鉱山を含むNolansプロジェクトを開発しており、その傘下にレアアース分離工場(設置場所は未定)を保有する予定。現在、Arafura社はプロジェクトのFSを行っている。2012年12月時点で、Nolans Bore地域のレアアース酸化物の埋蔵予想量は67.2万tである。

 上述の覚書に基づき、盛和資源は、NolansプロジェクトのFSの結果に対する評価を適時に実施し、将来的に出資を通じて参加し、共同でプロジェクト開発を完成させることができる。今後協力することができれば、企業のレアアース産業サプライチェーンの完備にも役立つ。

 盛和希土は、長期にわたりレアアース製錬分離製品に対する研究開発、生産及び販売事業を実施しており、年間5,500 tのレアアース分離生産を割り当てられている。

ページトップへ