閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月12日 サンティアゴ 縫部保徳

アルゼンチン:Santa Cruz州政府、鉱業不動産税導入に代わり鉱業ロイヤルティ引き上げを提案

 メディア報道によると、アルゼンチンSanta Cruz州のDaniel Peralta州知事は、最近公布した鉱業不動産税課税を実施する代わりに、鉱業ロイヤルティ税率の3%への引き上げ(現行1.2%~1.5%)及びその課税ベースを純売上高へ変更(現行の課税ベースは坑口価格)することとして鉱業界へ提案し、話し合いを進めている。この提案を鉱業界が受け入れた場合、2013年のSanta Cruz州の鉱業ロイヤルティ収入は前年に比べ2倍以上に増加する。鉱業ロイヤルティ税率引き上げ及び課税ベースの変更の他にも、Santa Cruz州政府は保健及び教育目的の資金拠出を鉱業界に要請しているという。

ページトップへ