閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月16日 ロンドン 小嶋吉広

ギニア:Simandou Block 3 & 4プロジェクトの生産開始は2018年目途

 2013年9月6日付けメディア報道によれば、Rio Tinto他が権益を保有するSimandou Block 3 & 4鉄鉱石プロジェクトに関し、操業開始は当初予定より3年ほど遅れ、2018年となる見込みである。豪現地紙の報道によれば、Rio Tintoはプロジェクト関係者(Chinalco、IFC、ギニア政府)と協議し、当初予定よりも大幅に遅延しない範囲での生産開始で合意。目標は2018年とすることで関係者は確認した模様である。Rio TintoのWalsh CEOは2013年8月のインタビューで、「2015年の生産開始は極めて困難」とコメントしていた。

 本プロジェクトの権益は現在、Rio Tinto:50.35%、Chinalco:44.65%、IFC:5%であるが、ギニア政府は新鉱業法の規定により権益35%を無償で取得する見込みである。

ページトップへ