閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年9月17日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:チリ銅鉱業の2012年エネルギー使用量は前年比2.1%増

 2013年9月13日に公表されたチリ銅委員会(COCHILCO)のレポートによると、チリ銅鉱業が2012年に消費したエネルギー量は140.5 PJ(ペタジュール:ペタは1015)で、2011年の137.6 PJから2.1%増加した。消費エネルギーのタイプ別で見ると、燃料エネルギー消費量が64.6 PJで前年と比較して1.7%減少した一方、電気エネルギー消費量が75.9 PJで3.3%増加した。2012年の銅生産量は543万tで2011年から3.3%増加しており、銅1 t(純分)を生産するために消費されたエネルギーは26.1 MJ(メガジュール:メガは106)で2011年比1.1%減となった。生産工程別に見ると、エネルギー消費量が多い工程は採掘及び選鉱で、それぞれ37%及び28%を占める。

ページトップへ